由仁町・ゆにちょう(北海道夕張郡) Yuni-Town/Hokkaido バック
文字の大きさ 
役場:〒069-1292北海道夕張郡由仁町新光200番地 電話(0123)83-2111(代表) 

トップ ニュース・トピックス (右上の”BACK”で前のページへ戻る)
問合せ先  地域活性課地域活性担当 TEL:0123-83-2112
 
 春の交通安全運動のご協力に感謝します
  4月6日から4月13日までの春の交通安全運動に合わせて、町内で「街頭指導」、「旗の波」、「レッドダウン」などの取組が実施されました。
 交通安全指導員、ゆにっ子見守り隊、ライオンズクラブ、シルバー交通安全クラブなどの各種団体、ボランティアのご協力に感謝申し上げます。
 トップ
 
 27人の認知症サポーターが新たに誕生
27人の認知症サポーターが新たに誕生  27人の認知症サポーターが新たに誕生
 
27人の認知症サポーターが新たに誕生 3月12日、栗山警察署で署員を対象に認知症サポーター養成講座が開催され、由仁町内3か所の駐在所署員など18人が受講しました。
 また、3月20日、町民センターで南6区自治区主催の認知症サポーター養成講座が開催され、自治区住民9人が受講しました。
 今回の講座で、日常業務として、また、地域住民として認知症を理解し支え手となる認知症サポーターが新たに27人誕生し、由仁町の認知症サポーターは530人になりました。
トップ
 
 発達障がいについて学びました
発達障がいについて学びました 3月15日、健康元気づくり館で障がい者の理解促進講演会が開催されました。
 医療法人社団北陽会牧病院の後藤龍太臨床心理士を講師に迎え、発達障がいをテーマに、町民や福祉関係者など39人が発達障がいの基礎知識や接し方について学びました。
 障がいがあっても住み慣れた地域で安心して生活するためには、周囲の人が障がいを理解し、支えていく姿勢が大切です。
 由仁町でも心のバリアフリー化が進み、よき理解者が増えていくことが期待されます。
トップ
 
 アルペンスキーでジュニアオリンピック出場
アルペンスキーでジュニアオリンピック出場 嘉屋美咲さん(由仁中学校1年)が、アルペンスキーのジュニアオリンピックへの出場を決めました。
 嘉屋さんは、1月上旬から各地で行われた全日本スキー連盟公認大会を転戦し、北海道代表となりました。ジュニアオリンピックへの出場は3年連続になります。
 出場報告のため役場を訪れた嘉屋さんは「今年は高校1年生や中学2・3年生のトップ選手と戦わなくてはならないが、入賞を目指して、思いきった滑りをしたい」と抱負を語りました。
 大会は3月22日から岩手県雫石町で開催され、大回転と回転の2種目に出場します。
トップ
 
 鷹祥永さん、北海道スポーツ奨励賞を受賞
鷹祥永さん、北海道スポーツ奨励賞を受賞 鷹祥永さん(由仁中学校3年)が、スポーツ競技会において特に優れた成績を収めた個人や団体に贈られる「北海道スポーツ奨励賞」を受賞し、3月9日に由仁中学校で賞状とメダルが授与されました。
 今回の受賞は、ジュニアオリンピック陸上競技大会男子100mで2年連続全国優勝が評価されての受賞となりました。
 鷹さんは「中学校の最後の思い出として大きな賞をいただきとても嬉しかった。高校に行っても、この賞に恥じることのない成績を残せるよう努力していきたい」と力強く話していました。
トップ
 
 石川さん、空知しんきん基金文化賞を受賞
石川さん、空知しんきん基金文化賞を受賞 南空知管内の地域文化の振興や地域社会の活性化に貢献する活動を表彰する公益財団法人空知しんきん産業文化振興基金の文化賞を、石川一男さん(本町)が受賞しました。
 昭和43年から、民謡、三味線の指導に尽力し、日本一、全道一の教え子を数多く輩出しているほか、全道各地での慰問活動などが認められ、今回の受賞となりました。
 3月2日に行われた授賞式に参加した石川さんは「長年続けてきた活動を評価していただき、とても嬉しく思っている。これからも民謡、三味線を多くのみなさんに楽しんでいただけるよう活動していきたい」と話しました。
トップ