由仁町・ゆにちょう(北海道夕張郡) Yuni-Town/Hokkaido バック
文字の大きさ 
役場:〒069-1292北海道夕張郡由仁町新光200番地 電話(0123)83-2111(代表) 

トップ ニュース・トピックス (右上の”BACK”で前のページへ戻る)
問合せ先  地域活性課地域活性担当 TEL:0123-83-2112
 
 高校野球で全国大会出場!
 白樺学園高校2年の岩田拳弥さん(由仁中学校出身)が所属する野球部は、10月6日から行われた秋季北海道高等学校野球大会で優勝し、全国大会出場を決めました。
 岩田さんは11月15日から東京都の明治神宮野球場で開催される大会に出場します。
トップ
 
 3町の医療介護関係者が学ぶ人生の最終段階のケア
        
 10月12日健康元気づくり館にで、医療介護関係者が人生の最終段階のケアについて学ぶ「由仁エリア看取り塾」が開催されました。
 人生の最後まで住み慣れた場所で過ごすための地域包括ケアシステム推進に向けた取組の一つとし、由仁町立診療所が訪問診療の範囲としている由仁町、栗山町、長沼町エリアの医療介護関係者等を対象として実施され、今回を含め今年度3回実施し、28事業所、延べ101人の参加がありました。
 講師の町立診療所島田医長は、由仁エリアにおいて治る見込みのない病気になった場合、自宅や施設で療養することを希望する人が64%いるのに対し、実際には85%の人が病院で亡くなっている、看取りの援助を地域で行う必要性について伝えました。
 参加者は、講師の話や事例検討などを通じて、人生の最終段階にある人の支援について学びを深めました。
トップ
 
 ソフトボールと陸上で国体出場!
          
                (△写真右から坂本さん、木村さん)

 由仁町在住の木村倫樹さん、坂本一さん(岩見沢農業高校2年)、鷹祥永さん(立命館慶祥高校2年)が第74回国民体育大会に北海道代表選手として出場します。木村さん、坂本さんは9月29日から茨城県下妻市で行われるソフトボール競技に、鷹さんは、10月4日から茨城県ひたちなか市で行われる陸上競技に出場します。
 また、鷹さんは同大会のほか、10月18日から広島県広島市で開催される第13回U18日本陸上競技選手権大会にも出場します。
トップ
 
 やっぱり由仁のものはおいしいね
     
 9月12日、町とJAそらち南の連携事業「由仁のもの学校給食」が実施されました。今年度1回目の献立は、「ハンバーグ」「ポトフ」「野菜サラダ」でした。
 この日は生産者の西村友輔さん(岩内)が由仁保育園を、石川義晃さん(川端)が三川保育園を訪れ、園児と一緒に給食を楽しみました。なお、使用した豚肉は、石川さんから「給食のために」と、無償で提供していただきました。
トップ
 
 YUNI子ども防災キャンプを実施
 
 町体育館に宿泊して防災を学ぶ「YUNI子ども防災キャンプ」が8月31日から9月1日にかけて行われました。
 小学4年生から6年生の児童19人と星槎道都大学の学生6人が、町内を歩き、気づいたことをもとに防災マップを作成したり、非常食体験をするなど様々な活動を行いました。
 多くの実習や体験をとおして、防災への心構えや集団生活での個々の役割の大切さを学びました。
トップ
 
 採れたてはおいしいね!保育園児収穫体験
 8月21日、由仁町グリーンツーリズム推進協議会(会長 杉本信子)主催の収穫体験が杉本会長のほ場で行われ、由仁・三川保育園児24人と地域連携事業の一つとして星槎道都大学の学生2人が参加しました。
 杉本会長から農作物の収穫方法の説明を受けた園児は、ビニールハウスで育ったピーマン、ミニトマトを収穫した後、ジャガイモ掘りに挑戦し「こんなに大きなのとれたよ!」と大喜びでした。
トップ
 
 由仁中河端さん、澤田さんが軟式野球で北海道選抜に!
 由仁中3年の河端輝季さん、澤田幸進さんが、軟式野球の北海道チャンピオンシップ中学部2019北海道選抜チームのメンバーに選ばれました。8月24日から広島県で開幕される第31回瀬戸内少年野球広島交流大会に臨みます。
 8月6日、出場報告のため役場を訪れた河端さん、澤田さんは、松村町長からの激励を受け「昨年は、北海道選抜がこの大会で優勝しているので、二連覇を目指して頑張りたい」と意気込みを語りました
トップ
 
 元日ハム選手が小中学生に野球教室を開催
   

   

 8月6日、伏見台球場で、北海道日本ハムファイターズ由仁後援会(会長 伊部憲幸)主催の、由仁町少年少女野球教室が開催されました。
 指導したのは、ファイターズ元選手の杉山俊介さんと須永英輝さん。参加した小学生24人、中学生24人にプロ野球選手も行っている体の使い方や練習方法を指導してくれました。杉山さんと須永さんが「いつでも全力でプレーをすること。継続することが上達の基本」と語ると、子供たちは熱心に向きあっていました。
トップ
 
 ALT(外国語指導助手)を紹介
 由仁町では、2人のALT(外国語指導助手)を任用し、小学校と中学校の英語の授業や、外国語活動のお手伝いをしています。
7月から小学校のALTが交代しました。

いままでありがとう         ▼パヴリック・モリーン先生
 由仁で過ごした3年間は本当に素晴らしかったです。
 The past three years I’ve spent in Yuni have been amazing.
 由仁から離れてさみしいですが、アメリカに帰って新たな生活を始めます。
 I am returning to America and I will begin a new life, but I am sad to be parting
 from Yuni.
 由仁の子どもたち、笑顔を毎日見せてくれてありがとう。
 I want to thank my students for your smiles every day.
 その笑顔を心の中で大切にします。
 I will treasure them forever in my memories.
 由仁小学校、由仁幼稚園、由仁保育園、そして三川保育園の職員の方に心から感  謝します。
 I also can’t thank the staff of Yuni Elementary, Yuni Kindergarten, Yuni  
 Nursery and Mikawa Nursery Schools enough.
 町民のみなさんのおかげで、わたしも由仁の人になることができました。

                                         It is because of you all that I was able to feel like a member of the Yuni town
                                         community too.
                                         
                                         やっぱり由仁の町民もいい

はじめまして、ALTです     ▼トデスコ・レベッカ先生
 はじめまして。
 Nice to meet you.
 私の名前はトデスコ・レベッカで、25歳です。
 My name is Rebecca Todesco and I am 25 years old.
 オーストラリアから来ました。
 I am from Australia.
 大学で日本語だけでなく、ジャーナリズムも勉強しました。
 At University I studied not only Japanese but journalism too.
 私の趣味はスノーボード、ダンス、読書、ヨガです。
 My hobbies are snowboarding, dancing, reading and yoga.
 これからの由仁での生活に、とてもわくわくしています!たくさんの新しい人に出会いたいで
 す!
 I’m very excited to be living in Yuni! I want to meet lots of new people!


トップ
 
 軟式野球で北海道ベスト4!
 由仁中学校3年の河端輝季さん、澤田幸進さん、2年の石川翔羽さん、権堂修也さん、田代直也さん、松尾颯汰さん、1年の松尾弘人さんが所属する中学生軟式野球チーム「南空知ベースボールクラブ」は、6月に行われた「第36回全日本少年野球南空知支部大会」で優勝し、7月に行われた北海道大会に出場しました。
 全道大会では、各地から集まった強豪を抑え、ベスト4の好成績を収めました。










※松尾(颯)さん、田代さん、石川さん、松尾(弘)さん(後列右から)
 河端さん、澤田さん、権堂さん(前列右から)
トップ
 
 ドローンでプログラミングを学ぶ
 7月17日に由仁中の3年生、18日に由仁小の6年生がドローンのプログラミングについて学びました。
 中学校では、株式会社チュプチニカの職員が指導にあたり、生徒がプログラミング的思考の大切さについて勉強しました。小学校では、株式会社ドローンママ代表取締役 飯原夏子(東京都)を講師に迎え、英語を交えた課外活動を行い、子供たちはドローンの楽しさを体験しました。
トップ
 
 ユニ建材(有)と災害時応援協定を締結
 7月12日、町とユニ建材有限会社(代表取締役 鵜川和彦)は、災害発生時にライフラインの早期復旧を目指すため「道路等災害時における応急活動及び復旧作業等に関する協定」を締結しました。
 松村町長は「当町にとって災害時における建設機材の確保は大きな課題であり、この協定は大変心強い」と感謝を伝え、鵜川代表取締役は「災害時には、いの一番に駆け付けて機動力を発揮したい」とあいさつしました。
トップ
 
 石川さん消防功労で瑞宝双光章を受章
 元南空知消防組合由仁消防団長石川富夫さん(川端)が令和元年春の叙勲で瑞宝双光章を受章しました。
 石川さんは、昭和51年から平成30年までの長きにわたり地域住民の防火思想の啓発、消防施設の充実強化、団員の資質向上など由仁消防団の発展に尽力されました。
 6月28日、役場で松村町長から伝達を受けた石川さんは「この受章は周りの多くの方々に支えていただいたお陰」と語っていました。


  
   
トップ
 
 ヒナタフーズ(株)と協定を締結
 6月20日、町とヒナタフーズ株式会社(代表 日向大介)は、地震、風水害など大規模な災害の発生または発生するおそれがある場合に、相互に協力して食料などの供給を行い、町民生活の早期安定を図ることを目的として、「災害時の物資等供給に関する協定」を締結しました。
 この協定は、製品などの物資だけではなく、断水時に同社が工場で使用している飲用できる地下水を供給することが特徴です。
トップ
 
 全道空手大会でゆにっ子2人が優勝
 4月に行われた第57回北海道空手道選手権大会で、久保飛悠さんが中学3年生男子(かた)の部で優勝、早坂蓮さんが幼児混合(かた)の部、組手の部ともに優勝の好成績を収めました。
 久保さんは2年連続の全国大会出場を決め、8月3日から三重県で開催される大会に出場します。
 6月5日、結果報告のため役場を訪れた2人は、松村町長から激励を受け、久保さんは「1回でも多く勝利できるよう日々練習に励みたい」と抱負を語りました。
トップ